2008年06月15日

オーケストラの臨場感!

pan01.jpg


オーケストラの臨場感をどうしたらミキシングで出せるのかを考えてみました。
  
参考の為に 3枚のサウンドトラックを参考にして、どのようなミキシングを
行っているのかじっくりと聞き比べて見ました。

すると3枚のCDに共通する楽器の定位の法則を発見しました!

それは、何とストリングパートですが、3枚の中のどの曲を聴いても
中心(センター)から出ているのはありませんでした。


ストリングは(中・高音域)Hi Midが、左(L)に振ってあります
(中・低音域)Low Midは、右(R)に振ってあります。

ここで、更に気づいたのはブラスセクションは、ストリングと逆の定位に
振られている事です。


ブラスセクションは(中・高音域)Hi Midが、右(R)に振ってあります
(中・低音域)Low Midは、左(L)に振ってあります。


多分同じ音域を、同じ方向に振ると音が重なって打ち消しあうからだと思います。

高い音域ばかりを左右どちらかに振っても音のバランスがおかしくなりますし
低い音域を左右どちらかに振っても、これまた不自然な聞き手には気持ち悪い
サウンドになります。

シーソーのように、左右のバランスをとってこそ聴きやすい自然なサウンドに
なるんでしょうね。


センター(中心)部分には、(リズム・ベース・ボーカル)が鳴ってますね。

伴奏パートは、メロディーの邪魔をしないように少し奥の方でセンターに
幅広く振ってあります。



posted by 涼(りょう) at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | レコーディング
この記事へのコメント
はじめまして。

恐らくご存じだとは思いますが、生のオーケストラも大体の定石的な配置が存在します。世のオーケストラ的な作品またはそれに準じるようなセクションを含む作品は、この生オーケストラに大きく影響を受けているのではないでしょうか?。特に生録物はその傾向が顕著なようです。打ち込み物でもきちんと考えられているものはそのような並びになっていますよね。即ち、Stringsなら左から1stVl,2ndVl,Vla,Cello,(Cb)といった具合です。過去の経験上ストリングセクションのスタジオ生録などもやはり上記並びになってます。

ここ↓とかオケ配置の参考になりますよ。他人のページですが・・・(^^;;
http://www.k-u-s-o.com/howto/page/s-7.htm

Posted by Syun Hashimoto at 2008年11月08日 18:07
はじめまして、橋本さん涼(りょう)と申します!

コメントありがとうございます、オーケストラの
配置図ありがとうございます、これを参考にして
打ち込みをして見ます。
Posted by 涼(りょう) at 2008年11月09日 08:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16046679

この記事へのトラックバック