2012年01月29日

L2 Ultramaximizer

「L2 Ultramaximizer」は簡単な操作で音圧を上げる事が出来ます48bit内部処理
により原音の変化を抑えて、オーディオの平均レベル(RMS)を劇的に向上させます。

使用方法は「THRESHOLD」スライダーを下げるだけです、この量に応じて音圧が
上がります、「OUT CEILING」は通常 0dbで構いません。

l2.gif


使い方
● THRESHOLD ・・・このスライダーを上下させて音の大きさを調整します。
● OUT CEILING ・・・出力レベルを設定します。
● RELEASE ・・・ピークをリミッティングした後どの位の速さで通常レベル
 に戻るかを設定します。(下のARCボタンをOFFにした時に有効です。)

● ATTEN ・・・リミッティングの量を表示しています。
● QUANTIZE ・・・最終出力ファイルと同じ (Bits) に設定します。
● DITHER ・・・(Type1 / Type2 / None) から選択します。
  ・Type1 = オールラウンドに使用可能、オーディオデータの最適化を優先します。
  ・Type2 = 最適化よりノイズ軽減を優先します、ダイナミックレンジが非常に広く
   音量レベルが小さいパートでノイズが目立つ場合に使用してください。
  ・None = Dither処理を行いません。

● SHAPING ・・・ (Nomal / Moderate / Ultra) から選択します
  ・Nomal = 標準。
  ・Moderate = 軽いノイズシェイプを足します。
  ・Ultra = 強いノイズシェイプを行います、マスタリング時で使用が前提です。

L1よりも音の変化は少ないです、かなりスレッショルドレベルを下げた時は
L3よりもL2の方がサウンドは音楽的に変化するように感じます。
楽して音のレベルを上げたい方には最適のプラグインです。
posted by 涼(りょう) at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53355889
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック